槇原敬之さん提供「ジュエル・イン・アワ・ハーツ」

SonyのHPに槇原敬之さんがNickに提供した「ジュエル・イン・アワ・ハーツ」についての情報と
槇原敬之さんからのコメントが掲載されました!
(Source: Sony Music)

槇原敬之さんがニックのために新曲を書下ろし!来週2月2日発売のアルバムに収録決定! (2011.1.26)

いよいよ発売を迎えるニック久々のソロ・アルバム『アイム・テイキング・オフ』に超スペシャルなボーナス・トラックが収録されます!なんとそれは、昨年デビュー20周年を迎え、現在トリビュート・アルバム『We Love Mackey』がヒット中。自身も3月11日には独自レーベル「Buppuレーベル」第1弾シングル「林檎の花」をリリースするなど、長きにわたって高い支持と人気を誇り、2011年も意欲的な活動を続ける槇原敬之さんが、作詞・作曲、プロデュースからコーラスまでを手がけた完全オリジナル・ソング「ジュエル・イン・アワ・ハーツ」。
今回の共演に際し、ニックは、「映像が浮かんでくるような独自の詞の世界とこれまでに聴いたことのない美しい旋律に感激した」と語り、この曲を書下ろした槇原さんは、「素直に“ニックに楽しんで歌ってほしい”と思う曲を書きました。洋楽ファンにも、J-POPファンにも、耳なじみのよく、でも新しい曲として届けばいいなと思っています」とコメントしてくれています。
この「ジュエル・イン・アワ・ハーツ」や、1/12付レコチョク洋楽うた・洋楽フル、1/11付MUSIC.JP洋楽フルの週間チャートで初登場1位を獲得した先行シングル「ジャスト・ワン・キッス」を収録し、初回生産限定盤は豪華5大特典付という今作の発売の発売と来日がいよいよ来週に迫ってきました!要チェック!

【槇原敬之さんからのコメント全文はコチラ】
僕はバックストリートボーイズが本当に大好きで、アルバムが発売されるたび
曲を聴き込んで研究までしていたくらいです。
そのグループの声の象徴ともいえる、ニック・カーターさんに
今回曲を提供できるという、非常に光栄なチャンスを頂きました。

本当にあこがれていたグループなので、
心のどこかで「いつか何らかの形でお仕事でもできたらいいのになぁ...」
と、思っていました。そして、それが今回現実となり、とても感激しています。
あまりにも嬉しすぎたので、どんな曲を書こうかとても悩んだのですが、
今、僕が素直に「ニックさんに歌ってほしい」と思う曲を書かせていただきました。

ニックさんが楽しんで歌ってくれればいいなと思いますし、
洋楽を聞き慣れている人にも、J-POPを聞き慣れている人にも、
耳なじみのよく、でも新しい曲として届けばいいなと思っています。

この場を借りて、このチャンスをくださった方々、
曲をつくるにあたって力をお借りしたみなさまにお礼を言いたいです。
そして、Nickさん、最高です!!


槇原敬之
[PR]
by somh1020 | 2011-01-26 12:16 | 洋楽